プロアプリケーションアップデート 2009-01

 

プロアプリケーションアップデート 2009-01がリリースされました。
Io HDの再生時の問題など、複数の主要な改善がなされているようです。

※ソフトウェアアップデート経由
米アップル社のダウンロードページはこちら


以下アップル社のリリースより


プロアプリケーションアップデート 2009-01 では、一般的な互換性の問題が解決され、全体的な安定性が向上し、その他のいくつかの小さな問題が解決されています。このアップデートは、Final Cut Studio、Final Cut Server、Logic Studio のすべてのユーザにお勧めします。

このアップデートの主な内容は次の通りです。

Final Cut Pro
AJA Io HD ヘのフォーマットを再生するときの問題を解決しました。
速度の変更を適用するとビデオが逆再生する問題を解決しました。
Snow Leopard 上の Digital Cinema Desktop プレビューでティアリングが発生することがありましたが、この問題を解決しました。

Motion
アニメーションする焦点でフィールドの深度を使用するときに問題が発生することがありましたが、この問題を解決しました。
左から右に記述しない言語でテキスト文字が正しく表示されないことがありましたが、この問題を解決しました。
一部の他社製 FxPlug フィルタでイメージクリッピング、メモリ管理、イメージ位置の問題が発生することがありましたが、これらの問題を解決しました。

Compressor
サラウンド・サウンド・ジョブの検査能力を改善しました。
一部のビデオの自動サイズ変更の問題を解決しました。
フレームコントロールサイズ変更フィルタを使用するときの品質を改善しました。

Soundtrack Pro
インストーラの問題を解決しました。

Color
ライブイメージと Still Store で IRE がシフトする問題を解決しました。
各アプリケーションの変更点について詳しくは、アプリケーションの“ヘルプ”メニューから“リリースノート”を選択してください。

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031