プロ向けビデオフォーマット 2.0.4

プロ向けビデオフォーマット2.0.4がリリースされています。
リリース:2016.2.5

Mac App Storeからアップデートできます。

以下引用

バージョン 2.0.4の新機能

  • AVC-LongG、XAVC、およびXF-AVCをサポート 

プロ向けビデオフォーマットには、以下のプロ向けビデオコーデックのサポートが含まれまています:

  • Apple Intermediate Codec
  • Apple ProRes
  • AVC-Intra
  • DVCPRO HD
  • HDV
  • XDCAM EX / HD / HD422
  • MPEG IMX
  • 非圧縮 4:2:2

プロ向けビデオフォーマットでは、以下のMXFもサポートされます:

  • Final Cut ProおよびMotionでMXFファイルをネイティブで読み込み、編集、共有
  • Compressor用のMXF共有プリセット
  • MXF OP1aの書き出し

Compressor 4:4.2.2アップデート

compressor_4_2_appiconCompressor4.2.2がリリースされています。
リリース:2016/2/4

 

 

 

 

 


詳細はMac App Storeより。

以下引用:

バージョン 4.2.2 の新機能
  •  Appleデバイス用のビデオファイルを作成できる4K書き出しプリセット
  •  iTunes Storeパッケージの作成時にクローズド・キャプション・ファイルに誤ってSDHというラベルが付けられることがある問題を修正
  • プレビューウインドウを拡大するとナビゲーションウインドウにソースクリップが表示されない問題を修正
  • OS X El Capitanで起動画面を正しく表示
  • Appleデバイスの互換性リストにiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPad Pro、およびApple TV(第4世代)を追加

Motion 5:5.2.3アップデート

motion5_2_appiconMotion 5のアップデートです。
リリース:2016/2/4

 

 

 

 

 


詳細はMac App Storeより。  

以下引用:
バージョン 5.2.3 の新機能
  • プロジェクトにPhotoshopファイルを追加するときの安定性を向上
  •  iTunesおよびフォトライブラリで検索するときの安定性を向上
  • 親グループのグループ解除後に“取り消し”コマンドを使ったときの安定性を向上
  • プロジェクトを閉じて再度開いた後、“チェッカーボード”ジェネレータでパーセントベースのパラメータを正常に保存
  • ドイツ語、日本語、および中国語で作成されたMotionテンプレートのプレビュームービーを正常に保存
  • ベジェシェイプ上のポイントが“直線状”から“スムーズ”に誤って切り替わることがある問題を修正
  • Motionテンプレート内の一部のオブジェクトがソフトエッジでレンダリングされることがある問題を修正
  • 共有ウインドウにあるAppleデバイスの互換性リストにiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPad Pro、およびApple TV(第4世代)を追加

FCP X:10.2.3アップデート

fcp10_2_appiconFinal Cut Pro Xのアップデート。
リリース:2016/2/4

 

 

 

 

 


 

    • アップデート後はプロジェクトの更新が必要となり、旧バージョンでは開けなくなります。
    • アップデート後はアプリケーションが上書きされますので、最新バージョンで不具合があった際のために旧バージョンのアプリやプロジェクトのバップアックを取っておくことをお勧めします。

FCP X 10.1のプロジェクトの自動保存場所 (最新版でプロジェクトをアップデート後に不具合があって旧バージョンで開き直す必要がある場合に。旧バージョンで作業していた最新の状態のバックアップのある場所): 【ユーザ】→ムービー→Final Cut Backups


  アップデート前にこちらを御参考ください: Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法


Mac AppStoreより入手できます。
以下引用:

バージョン 10.2.3 の新機能
  •  カスタマイズ可能なデフォルトエフェクトにより、キーボードショートカットに割り当てられたビデオエフェクトとオーディオエフェクトの両方を選択可能
  •  Appleデバイス用のビデオファイルを作成できる4K書き出しプリセット
  •  SAN上のライブラリを開くときの速度を向上
  •  OS X El CapitanのDashboardでのタイムコード表示に影響することがある問題を解決
  • Canon C300 Mark IIのビデオファイルを含むCanon XF-AVCの読み込み
  • 複数のYouTubeアカウントへのビデオの共有が可能
  • プロジェクトを開いたとき、またはCompressorに共有したときに、無効にしたビデオエフェクトについて“エフェクトが見つかりません”と表示されることがある問題を解決
  • iPhoneでトリミングしてから読み込んだiPhoneのビデオクリップに黒いフレームが表示されることがある問題に対処
  • 短いタイトルの編集中に再生ヘッドが前にジャンプすることがある問題を修正
  • ブラウザで表示を切り替えたときにタイムラインでの再生が停止することがある問題を修正
  • ベジェシェイプ上のポイントが“直線状”から“スムーズ”に誤って切り替わることがある問題を修正
  • Motionテンプレート内の一部のオブジェクトがソフトエッジでレンダリングされることがある問題を修正
  • 共有ウインドウにあるAppleデバイスの互換性リストにiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPad Pro、およびApple TV(第4世代)を追加

   

サイトシステム移行完了のお知らせ

サイト運用のCMSを長らく使用していたJoomlaからWordPressにようやく移行しました。

なかなかの量のコンテンツの蓄積だったのでかなりの期間躊躇していましたが、さすがにセキュリティの面でも限界を感じましたので。

まだまだ使い勝手の面で満足な状態でなくご訪問いただいた方にはご不便をおかけしますが、しばらくご容赦ください。

Compressor 4:4.2.1アップデート

compressor_4_2_appiconCompressor4.2.1がリリースされています。
※2015/9/3

詳細はMac App Storeより。

以下引用:

バージョン 4.2.1 の新機能

  • ユーザアカウントを別のシステムに移行した後に発生するクラッシュを解決
  • H.264書き出しでIフレーム配置用マーカーを使用する機能の復活
  • インターレースH.264ファイルの書き出し
  • クローズドキャプション/字幕とオーディオ/ビデオの同期を改善

FCP X:10.2.2アップデート

fcp10_2_appiconFinal Cut Pro Xのアップデート。

※2015/9/3リリース

    • アップデート後はプロジェクトの更新が必要となり、旧バージョンでは開けなくなります。

 

  • アップデート後はアプリケーションが上書きされますので、最新バージョンで不具合があった際のために旧バージョンのアプリやプロジェクトのバップアックを取っておくことをお勧めします。

FCP X 10.1のプロジェクトの自動保存場所
(最新版でプロジェクトをアップデート後に不具合があって旧バージョンで開き直す必要がある場合に。旧バージョンで作業していた最新の状態のバックアップのある場所):

【ユーザ】→ムービー→Final Cut Backups


 

アップデート前にこちらを御参考ください:
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法


Mac AppStoreより入手できます

以下引用:

バージョン 10.2.2 の新機能
  • 最大解像度4KのSony XAVC-LおよびPanasonic AVC-Intra 4:4:4をネイティブサポート
  • Canonプラグインを使用したCanon XF-AVC 8ビット・ビデオ・ファイルの読み込み
  • インターレースH.264ビデオの書き出しFinal Cut Proからの送信時にアセット管理システムがライブラリ・バックアップ・ファイルを取り込み可能
  • 3Dテキスト付き反射素材を使用するときに発生するレンダリングエラーを解決
  • 3Dテキスト上の素材を公開されたパラメータと交換するときの安定性を向上
  • テキストスタイルを読み込むときのパフォーマンスを向上
  • テキスト・レイアウト・パラメータが公開されたMotionタイトルテンプレートを正しく書き出すことが可能に
  • レンダリング時に3Dテキストが暗くなる問題を解決
  • 特定のアニメーションエフェクトのタイミングの問題を解決

 

 

FCP X:10.2.1アップデート

fcp10_2_appiconFinal Cut Pro Xのアップデート。

※2015/6/14リリース

    • アップデート後はプロジェクトの更新が必要となり、旧バージョンでは開けなくなります。

 

  • アップデート後はアプリケーションが上書きされますので、最新バージョンで不具合があった際のために旧バージョンのアプリやプロジェクトのバップアックを取っておくことをお勧めします。

FCP X 10.1のプロジェクトの自動保存場所
(最新版でプロジェクトをアップデート後に不具合があって旧バージョンで開き直す必要がある場合に。旧バージョンで作業していた最新の状態のバックアップのある場所):

【ユーザ】→ムービー→Final Cut Backups


 

アップデート前にこちらを御参考ください:
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法


アップデート情報より

以下引用:

inal Cut Pro X 10.2.1 の新機能を紹介します。
  • 25p および 30p の Panasonic AVCCAM ビデオを再びサポート
  • タイムライン内でドラッグして範囲を選択するときの精度が向上
  • Final Cut Pro が起動時に終了することがある問題を修正

 

 

Motion 5.2.2アップデート

motion5_2_appiconMotion 5のアップデートです。

※2015/9/3

詳細はMac App Storeより

 

以下引用:

バージョン 5.2.2 の新機能

  • 3Dテキスト付き反射素材を使用するときに発生するレンダリングエラーを解決
  • 3Dテキスト上の素材を公開されたパラメータと交換するときの安定性を向上
  • テキストスタイルを読み込むときのパフォーマンスを向上
  • テキスト・レイアウト・パラメータが公開されたMotionタイトルテンプレートを正しく書き出すことが可能に
  • レンダリング時に3Dテキストが暗くなる問題を解決

Motion 5.2.1アップデート

motion5_2_appiconMotion 5のアップデートです。

※2015/6/8

詳細はMac App Storeより

 

以下引用:

バージョン 5.2.1 の新機能

  • Photoshop ファイルが不正確なカラープロファイルで読み込まれる問題が修正されています。
  • Motion を起動すると終了することがあるという問題が修正されています。
2016年8月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031