FCP:10.6.4アップデート

Final Cut Pro

Final Cut Proのアップデート。
リリース:2022/8/9

互換性: macOS 11.5.1 以降

アップデート後はアプリケーションが上書きされます。最新バージョンで不具合があった際のためにアプリケーションのバックアップをお勧めします。
<旧バージョンのアプリやプロジェクトのバップアックを取っておく>

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


 Mac AppStoreより入手できます。

以下引用:

バージョン 10.6.4の新機能
  • 再生中または書き出し中にビデオフレームの順序が正しくなくなることがある問題を修正

Compressor 4.6.2アップデート

Compressor

Compressor 4.6.1がリリースされています。
リリース:2022/8/9

互換性: macOS 11.5.1 以降


詳細はMac App Storeより。

以下引用:

バージョン 4.6.2の新機能
  • トランスコード中にビデオフレームの順序が正しくなくなることがある問題を修正

Motion 5.6.2アップデート

Motion

Motion 5のアップデートです。

リリース:2022/8/9

互換性: macOS 11.5.1 以降


詳細はMac App Storeより

以下引用:

バージョン 5.6.2の新機能
  • 再生中または書き出し中にビデオフレームの順序が正しくなくなることがある問題を修正

FCP:10.6.3アップデート

Final Cut Pro

Final Cut Proのアップデート。
リリース:2022/5/19

互換性: macOS 11.5.1 以降

アップデート後はアプリケーションが上書きされます。最新バージョンで不具合があった際のためにアプリケーションのバックアップをお勧めします。
<旧バージョンのアプリやプロジェクトのバップアックを取っておく>

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


 Mac AppStoreより入手できます。

以下引用:

バージョン 10.6.3の新機能
  • ドラッグ&ドロップでトランジションを置き換えるときの信頼性が向上

  • 接続済みクリップにトランジションをドラッグするときの信頼性が向上

  • カスタム・サウンド・エフェクトがサウンドエフェクト・ブラウザに表示されないことがある問題を修正

FCP:10.6.2アップデート

Final Cut Pro

Final Cut Proのアップデート。
リリース:2022/4/12

互換性: macOS 11.5.1 以降

アップデート後はアプリケーションが上書きされます。最新バージョンで不具合があった際のためにアプリケーションのバックアップをお勧めします。
<旧バージョンのアプリやプロジェクトのバップアックを取っておく>

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


 Mac AppStoreより入手できます。

以下引用:

バージョン 10.6.2の新機能
  •  プロジェクトに複数回出現するメディアを、クリップ範囲やタイムラインインデックスをハイライト表示させて素早く見つけることができます
  • 機械学習を使用して背景ノイズのレベルを調整することで、スピーチの明瞭度が向上します(macOS Montereyバージョン12.3以降が必要です)
  • 新しいMac StudioのM1 MaxおよびM1 Ultraに最適化された再生性能とグラフィックス性能
  • iOS用iMovieバージョン3.0で作成したマジックムービーとストーリーボードのプロジェクトをタイムラインに読み込むことができます
  • 韓国語に対応
  • 安定性が向上し、バグが修正されます

Compressor 4.6.1アップデート

Compressor

Compressor 4.6.1がリリースされています。
リリース:2022/4/12

互換性: macOS 11.5.1 以降


詳細はMac App Storeより。

以下引用:

バージョン 4.6.1の新機能
  • プレビュービューアに、ビデオの透明度*、出力のアスペクト比、変更されたソースメディアのプロパティを表示できます

  • 設定に新たに追加されたビデオのプロパティを使って、ビデオファイルを回転/反転できます

  • 新しいMac StudioのM1 MaxおよびM1 Ultraに最適化されたトランスコード性能

  • 韓国語に対応

  • 安定性が向上し、バグが修正されます

    * macOS Montereyバージョン12.3以降が必要

Motion 5.6.1アップデート

Motion

Motion 5のアップデートです。

リリース:2022/4/12

互換性: macOS 11.5.1 以降


詳細はMac App Storeより

以下引用:

バージョン 5.6.1の新機能
  • 新しいスライス調整フィルタを使ってイメージをスライスに分割し、拡大/縮小時の歪みを防止することができます

  • 新しいMac StudioのM1 MaxおよびM1 Ultraに最適化された再生性能とグラフィックス性能

  • 韓国語に対応

  • 安定性が向上し、バグが修正されます

FCP:10.6.1アップデート

Final Cut Pro

Final Cut Proのアップデート。
リリース:2021/11/15

互換性: macOS 11.5.1 以降

アップデート後はアプリケーションが上書きされますので、最新バージョンで不具合があった際のために旧バージョンのアプリやプロジェクトのバップアックを取っておくことをお勧めします。

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


 Mac AppStoreより入手できます。

以下引用:

バージョン 10.6.1の新機能
  • FCPXML 1.9および1.10のファイルを正常に読み込めないことがある問題を修正

  • “システム環境設定”で言語がスペイン語に設定されている場合に、Command+Zキーのキーボードショートカットで“取り消す”が実行されない問題を修正

  • “ファイルを書き出す”の共有先でフォーマットに“コンピュータ”を選択したあと、ビデオコーデックの設定が使用できなかった問題を修正

  • AC3オーディオの再生中の信頼性が向上

FCP:10.6アップデート

Final Cut Pro

Final Cut Proのアップデート。
リリース:2021/10/18

互換性: macOS 11.5.1 以降

アップデート後はアプリケーションが上書きされますので、最新バージョンで不具合があった際のために旧バージョンのアプリやプロジェクトのバップアックを取っておくことをお勧めします。

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


 Mac AppStoreより入手できます。

以下引用:

バージョン 10.6の新機能

シーン内のオブジェクトを自動的に追跡し、シネマティックモードで撮影したビデオを編集。新しいMacBook Proでワークステーションクラスのパフォーマンスを体験できます。

オブジェクト・トラッカー

  • エフェクト、タイトル、またはジェネレータをビューアにドラッグすることで、機械学習を使用して顔やオブジェクトの動きを自動的に検出、追跡、照合

  • インスペクタからトラッカーを手動で追加し、マスクの形状を調整し、さまざまなタイプのトラッキング解析から選択

  • タイムラインでトラッキングエディタを使用して、既存のトラックのセグメントを素早く削除または再解析

  • ビューアのトラッカーソースのドロップダウンを使用して、既存のトラックにタイトルやジェネレータを追加

  • オブジェクト・トラッキングで、Apple Neural Engineを使用してAppleシリコン搭載のMacでのビデオ解析を高速化

シネマティックモード

  • iPhone 13のシネマティックモードで撮影されたビデオを編集(macOS Montereyが必要)

  • インスペクタのシネマティックコントロールを使用して、被写界深度エフェクトの強度を変更、および時間の経過に合わせてエフェクトを変化させるためにキーフレームを追加

  • ビューアのシネマティックツールで顔やその他のオブジェクトを選択することで、それに焦点を合わせることを選択

  • タイムラインでシネマティックエディタを使用して、焦点ポイントを表示または削除

Motion 5.6アップデート

Motion

Motion 5のアップデートです。

リリース:2021/10/18

互換性: macOS 11.5.1 以降


詳細はMac App Storeより

以下引用:

バージョン 5.6の新機

シーン内のオブジェクトを自動的に追跡し、シネマティックモードで撮影したビデオを編集。新しいMacBook Proでワークステーションクラスのパフォーマンスを体験できます

オブジェクト・トラッカー

  • インスペクタの新しいオブジェクトモードを選択することで、機械学習を使用して顔やオブジェクトの動きを自動的に検出、追跡、照合

  • オブジェクト・トラッキングを「動きを解析」、「マッチムーブ」、および「トラック」のビヘイビアで使用

  • さまざまなタイプのトラッキング解析から選択

  • オブジェクト・トラッキングで、Apple Neural Engineを使用してAppleシリコン搭載のMacコンピュータでのビデオ解析を高速化

シネマティックモード

  • iPhone 13のシネマティックモードで撮影されたビデオを編集(macOS Montereyが必要)

  • インスペクタのシネマティックコントロールを使用して、被写界深度エフェクトの強度を変更、および時間の経過に合わせてエフェクトを変化させるためにキーフレームやビヘイビアを追加

  • ビューアのシネマティックツールを使用して顔やその他のオブジェクトを選択することで、それに焦点を合わせることを選択

  • ビデオタイムラインで焦点ポイントを表示または削除

ネオンフィルタ

  • テキスト、図形、ビデオ、静止画像などにネオングローを簡単に追加

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930