Grass Valley CodecのMac版が登場

Grass Valley社から、Grass Valley HQ/HQXコーデックをMacで利用できる無償のQuickTimeコンポーネントがリリースされました。

Grass Valley Codec Option for Macダウンロードページ

QuickTimeベースのアプリケーション(FCPやPremiereなど、動画が扱えるソフト全般)で読み込みと書き出しが行えます。

同コーデックは主にEdiusシリーズを中心とした同社製品用に開発されたもので、今までWindowsのみで利用可能でしたが、Mac版の登場によって、Ediusをメインとする環境との連携もしやすくなりました。

しかし、Macユーザーにとって有り難いのは互換性だけではありません。

GV Codecはアルファチャンネルが利用できるので、AnimationかProRes 4444しかなかったアルファムービーに選択肢が増えることになるわけです。

GV Codecでアルファが使えるメリットは、ムービーの容量が小さいこと。

ざっと試してみたところでは、同じ仕様のアルファ付きムービーで、HQ(デフォルト)とProRes 4444ではGV HQのほうは半分以下(1/3に近いサイズ)となりました。
Finder003

■FCPXからの書き出し
インストールが済んだら、利用することが出来ます。

例として、FCPXでアルファ付きのプロジェクトを作ってみます。
(ブランクのシナリオの上にジェネレータでグラフィックを載せたもの)
Final Cut Pro005

GV CodecはQuickTimeの読み込み/書き出しコンポーネントであり、FCPXでネイティブに扱えるわけではないので、プロジェクトのレンダリングコーデックにしたり「共有」からの書き出しでは選ぶことが出来ません。

FCPXからアルファ付きのGV Codecで書き出すには、まずCompressorに送信します。
Final Cut Pro006

Compressoの設定から「QuickTime書き出しコンポーネント」を選びます。
Final Cut Pro006

すると、インスペクタのビデオの設定から”Canopus Codec”が選べるようになっています。
Compressor004

ここで「With Alpha」にチェックを入れると、アルファチャンネルつきのムービーを書き出せます。
(「圧縮プログラム」の「深さ:約1670万色以上」表示が連動。「以上」になっていればアルファ付きです。)
Compressor003

なお、デフォルトではNTSCになっているようなので、インスペクタの「ジオメトリ」でサイズを「ソースの100%」にします。
Compressor002

■FCPXで再読み込み
書き出したGV Codecのムービーは、FCPXに読み込んで利用することが出来ます。
なお、レンダリングされるまではアルファが反映されないので、ライブプレビューは出来ませんが、レンダリングが済めば透過します。

FCPXは放っておけばどんどんレンダリングしてくれるので、さほどストレスは感じないかと思います。
Final Cut Pro008

■その他のアプリでも使えます
試しにWirecastに読み込んでみましたが、問題なくアルファチャンネルが適用されました。
サイズが軽いので、結構手軽に活用できそうですね。
Wirecast001

2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031