FCS2009:ProResファミリーの位置づけ

Flock_Screen012

Final Cut Studio FES. 2009 Specialにて、ProResファミリーの位置づけについて伺ってきました。


■ProRes4444
・カラースペースはソース(またはアプリケーション)に応じてRGBまたはYUVに。YUV444またはRGBのソースに対してオリジナル性を損なわずにピクセルマッピングを行うのと、効率の高い圧縮+完全に可逆性のあるアルファチャンネルを持つ。アルファチャンネルはロスレスのため、アルファを含めるとデータ量は大幅に上がる。
ProResファミリーで唯一アルファチャンネルを持つことができる合成向けコーデック。RED 4KやHDCAM SRなどを必要とするような、シビアなクオリティが要求されるCMやPV、映画などでのシーン合成を想定。

■ProRes422(HQ)
・ProRes422に対し、ビットレートを増やしてよりレンダリング耐性を上げたコーデック。
=エフェクトなどを多用する作品や、別のフォーマットへの変換などマルチユースを想定したマスタリングなど。

■ProRes422
・スタンダード。非圧縮コーデックと同等のクオリティや高いレンダリング耐性を保ちつつ、転送レート/容量を低減したコーデック。
従来のデジタルベータカムやHDCAMなどで行っていたオンラインを想定。

■ProRes422(LT)
・オリジナルの再現性はProRes422と遜色のないレベルで、レンダリング耐性を重視せずにさらにデータ量を削減したコーデック。上位のProResよりも時間あたりの転送レート・データ容量が少ないので、長尺の記録に向く。
=カット編集中心のオンラインを想定

■ProRes422(Proxy)
・フルHDサイズで仮編集を行うためのコーデック。時間あたりの容量や転送レートが少なく、イントラ(フレーム内)圧縮でCPUの負荷も少ないため、マルチカメラ編集やノートMacでの作業に向く。オリジナルとの差分を取るテストではDVCPRO HDコーデックよりも劣化耐性は高いが、圧縮アルゴリズムなどの違いから見た目の綺麗さはDVCPROの方がよく、ProRes422(Proxy)は比較的ブロックノイズが出やすいとのこと。
=置き換え前提のオフライン


以上の内容はアップル社の担当の方に伺ったものですが、BeHubサイトにもターミガンデザインズ・高信氏(Final Cut Studio FES.講師)によるわかりやすい解説ビデオが掲載されています

2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31