FCS2:ドキュメントフォルダ

Final Cut Pro 6, Soundtrack Pro 2, Motion 3, Color, DVD Studio Proの各アプリケーションはドキュメントフォルダを自動作成します。


各アプリケーションで一度作業をすると、デフォルトではMacintosh HD/ユーザ/xxxx/書類/の中に”xxxx Documents”フォルダが作成され、キャプチャーファイルや自動保存プロジェクトなど必要なファイルの保存先に指定されます。

それぞれのフォルダには
・Final Cut Pro=キャプチャー、レンダリング、自動保存、キャッシュ類
・Soundtrack Pro=レコーディングファイル、編集したメディアの作業ファイル
・Motion=プロジェクトの自動保存とオプティカルフローの解析キャッシュ
・Color=デフォルトのプロジェクト、メディア、レンダリングファイルの保存場所
・DVD Studio Pro=(未調査)
が保存されます。
finderscreensnapz004.jpg

なお、一般的にはFinal Cut Proの場合は作業ディスクの設定や変更はワークフローの一部としてよく行われますが、その他のアプリケーションのDocumentsフォルダにも容量が大きくHDDの速度が再生などにも影響するようなレンダリングファイルやMotionのオプティカルフローキャッシュなどが保存されますので、気付かずに作業を続けるとMacintosh HDの容量を圧迫してシステムが不安定になったり、レンダリング後の再生が安定しないなどトラブルの原因となる可能性が高くなります。

これらもシステムボリューム(Macintosh HD)以外の、できれば物理的に別の(作業用の任意の)大容量・高速ドライブ(外付けや、Mac Proなら内蔵の増設HDDなど)に変更したほうがよいでしょう。

変更するには、元のxxxx Documentsフォルダを変更先にコピーしておき、アプリケーションの環境設定を開いて指定場所を変更するとよいでしょう。

またはまったく任意の名前のフォルダも指定できますので、使い方に合わせて設定します。

motionscreensnapz001.jpg
例)Motionの環境設定

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930