FCP X:GPU書き出しテスト

FCP X 10.0.1では書き出しの際にGPUを利用するようになったとのこと。

そこで、簡単な比較をしてみました。


・同じマシン
・同じプロジェクト
・同じ設定
で、書き出しを比較しました。

※なお、OSはFCP X 10.0=Snow Leopard 10.6.7 (64bitカーネル)、FCP X 10.0.1=LionですのでOSの差が排除し切れていないことをご了承ください。

※特に関連する設定はないようですので、10.0.1では書き出し時に常時GPUが活用されるものと思われます。

1.それぞれの環境で同じプロジェクトを開きます。
Final Cut Pro_Screen013

#10.0.1ではプロジェクトのアップデートが必要で、アップしたら10.0では開けなくなりますので、事前に10.0.1用にコピーしておきます。

2.レンダリングファイルを削除します。
Final Cut Pro_Screen010

3.共有で書き出し設定をして、書き出します。
Final Cut Pro_Screen014

4.結果は次の通り。
◆10.0=13分22秒
Share MonitorScreenSnapz001

◆10.0.1=11分38秒
Share Monitor_Screen002

以上、条件にもよるかと思いますが、誤差で2分ほどの違いにはならないでしょう。今後サンプルが増えてくればGPUアクセラレーションの効果がより明確に実証されていくと思いますが、ひとまず効果はありといえるようです。

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031