FCP X:10.2.2アップデート

fcp10_2_appiconFinal Cut Pro Xのアップデート。

※2015/9/3リリース

    • アップデート後はプロジェクトの更新が必要となり、旧バージョンでは開けなくなります。

 

  • アップデート後はアプリケーションが上書きされますので、最新バージョンで不具合があった際のために旧バージョンのアプリやプロジェクトのバップアックを取っておくことをお勧めします。

FCP X 10.1のプロジェクトの自動保存場所
(最新版でプロジェクトをアップデート後に不具合があって旧バージョンで開き直す必要がある場合に。旧バージョンで作業していた最新の状態のバックアップのある場所):

【ユーザ】→ムービー→Final Cut Backups


 

アップデート前にこちらを御参考ください:
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法


Mac AppStoreより入手できます

以下引用:

バージョン 10.2.2 の新機能
  • 最大解像度4KのSony XAVC-LおよびPanasonic AVC-Intra 4:4:4をネイティブサポート
  • Canonプラグインを使用したCanon XF-AVC 8ビット・ビデオ・ファイルの読み込み
  • インターレースH.264ビデオの書き出しFinal Cut Proからの送信時にアセット管理システムがライブラリ・バックアップ・ファイルを取り込み可能
  • 3Dテキスト付き反射素材を使用するときに発生するレンダリングエラーを解決
  • 3Dテキスト上の素材を公開されたパラメータと交換するときの安定性を向上
  • テキストスタイルを読み込むときのパフォーマンスを向上
  • テキスト・レイアウト・パラメータが公開されたMotionタイトルテンプレートを正しく書き出すことが可能に
  • レンダリング時に3Dテキストが暗くなる問題を解決
  • 特定のアニメーションエフェクトのタイミングの問題を解決

 

 

2017年12月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031