Compressor 3(発表概要)

Compressor 3(コンプレッサー3)の新機能を、オフィシャルページをもとに見てみます。

splash


Compressor 3の主な改善・変更点は次の点です。

FLVの書き出しに対応 *
・処理速度が3倍向上

・コピー/ペースト対応やプレビューのリアルタイム化を含む、よりわかりやすいインターフェースへの刷新
interface

・Shakeの持つアーキテクチャーであるオプティカルフロー処理の採用によって、インターレース処理やリバーステレシネを含むフォーマット変換等の精度が向上。特にスローなど今までフレームブレンディングで対応してきた処理に大きな効果
conversions_optical20070414

・Auto Clusterオプションなど、分散レンダリングの使い勝手が向上
encoding_qmaster20070414

・ワークフローチェインによるエンコードプロセスのアレンジ
workflow_chaining20070414
その他、
・オーディオフィルターの搭載
・空き時間を有効に使えるエンコード予約
・Podcastなどに有効なメタデータの付加
・バッチモニターの統合
・クロップやアスペクトレシオの変換等、マルチエンコードの設定のアシスト

などがあるようです。

*2007.7.5更新

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930