特徴と欠点


script

<この記事は>

FCPの特徴と欠点を見てみましょう。
私自身が感じていることのほかに、書籍やユーザーの方のご意見も交えて挙げてみます。

 

特長
●Apple製であること…
ハードとソフトの相性 Apple製であるということは、MacOS/Mac本体の構造を踏まえて開発されている、つまりハードとソフトの相性がよいことに他なりません。
優れたインターフェース Apple 製であることと、後発であることから、インターフェースは見た目にもセンスを感じさせます(クリエイティブなことを行うツールとしては、これ結構大事です よね)。おおもとのコンセプトはマクロメディアのデザインですが、それをアップルのガイドラインに沿ってよくまとめられてます。
安定している いくらスペックの高いマシンや高価なソフトを使っていても、年中トラブルが発生していては全く意味がありません。OS自体の安定性という問題もあります が、それは環境の構築次第で何とかなります。OSが安定しているとして、編集ソフトはどうなのか?というところを見ると、(Premiere5.0までを 使っていましたが)経験上、長尺ものになるほど処理が重くなったり意味不明のファイルを大量 生産したりと、とにかく中断・ストレスが多かったのに比べ、2時間ものでもフツーに動いてくれます。FireWire搭載のG3/G4マシンに限定してい る結果 でしょう。Premiereも6.0ではかなり安定しているようですが、それだけでPremiereを選ぶというほどではありません。
QuickTimeネイティブ QuickTimeの開発元であるAppleが、QuickTimeをフル活用するアプリケーションをつくっているのですから当然といえば当然ですが、どのくらいネイティブかというと、正式発表前の最新バージョンをバンドルしてくるぐらいネイティブです(笑)。
Velocity Engine対応 PowerPC G4に搭載された演算回路のVelocity Engineに対応いてますので、 G4プロセッサー搭載のMacでは(いくぶん?)レンダリングが高速化されます。
Photoshopレイヤー対応 グラフィック編集/加工ソフトの世界標準であるAdobe Photoshopのファイルを、レイヤーを保持したままシーケンスとして読み込むことが可能です。
AfterEffectプラグイン対応 加工/合成に特化したAdobe AfterEffectsには様々なサードパーティーのエフェクトプラグインが登場していますが、全てではないものの、そのままFCPに流用することが可能です。
2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930