Final Cut Pro X

将来のmacOSでレガシーメディアが非サポートに

Appleが、macOS Mojave (10.4)以降にリリースされるmacOSにおいて、レガシーメディアとされるコーデック/フォーマットのムービーがサポートされなくなるとの警告を発表しました。

About legacy media in Final Cut Pro X

 

将来もサポートされるメディアは

Final Cut Pro X: Final Cut Pro:サポートされるメディアフォーマット

に記載されているもので、ここにないメディアフォーマットのムービーは原則としてmacOSで扱うことができなくなる模様です。

 

レガシーメディアの具体例として記載されているものは、

  • HDCAM-SR
  • GoPro CineForm
  • ソフトウェアで作成されたAvid DNxHD/DNxHR
  • その他、古いカメラで記録されたもの

これらが含まれるFCPXのライブラリを運用している場合、アップルの文書ではライブラリやイベント、プロジェクトの「メディアを統合」でバックアップを取った上で、最終的には作品を完成させてProRes 422でマスタームービーとして書き出すことを推奨しています。

 

【私見】

※言及されていませんが、要するにマスター以外にも白(テロップ無しバージョン)など必要に応じた形でProResの素材を書き出して残しておくことが必要でしょう。

 

※また、推測として、レガシーメディアを含むライブラリのバックアップの際には該当する素材を「最適化されたメディアを作成」でProResにトランスコードしておくと、レガシーメディア非対応のmacOSでもFCPX内ではそちらを参照してくれれば応急的にはタイムラインで編集が続行できるのではないかと期待が持てるかと思います。【実際の動作は検証するまで不明です】

 

※現在も特定の他社製コーデックは後からインストールする形でもあり、特にDNxHDなどのAvidコーデックはMedia Composerなど関連ツールのMac版が現役でもあるので、将来的に新macOSのアーキテクチャー対応版が出てもおかしくはない気はしています。

 

なお、Final Cut Pro X 10.4.4では、プロジェクトに対象となるレガシーメディアが含まれる場合警告が表示されるようです。

FCP X:10.4.4アップデート

 

Final Cut Pro Xのアップデート。
リリース:2018/11/16

互換性: OS X 10.13.6 (High Sierra)  以降

 

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


  アップデート前にこちらを御参考ください:

(10.0〜10.0.9→10.1〜10.2.3)
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法

(10.1〜10.2.3→10.3〜)
Final Cut Pro X 10.3 で使えるようにライブラリをアップデートする

Final Cut Pro X 10.3 用にライブラリをアップデートしたときのオーディオへの影響


Mac AppStoreより入手できます。

続きを読む

FCP X:10.4.3アップデート

 

Final Cut Pro Xのアップデート。
リリース:2018/6/21

互換性: OS X 10.13.2 (High Sierra)  以降

 

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


  アップデート前にこちらを御参考ください:

(10.0〜10.0.9→10.1〜10.2.3)
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法

(10.1〜10.2.3→10.3〜)
Final Cut Pro X 10.3 で使えるようにライブラリをアップデートする

Final Cut Pro X 10.3 用にライブラリをアップデートしたときのオーディオへの影響


Mac AppStoreより入手できます。

続きを読む

FCP X:10.4.2アップデート

 

Final Cut Pro Xのアップデート。
リリース:2018/5/1

互換性: OS X 10.13.2 (High Sierra)  以降

 

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


  アップデート前にこちらを御参考ください:

(10.0〜10.0.9→10.1〜10.2.3)
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法

(10.1〜10.2.3→10.3〜)
Final Cut Pro X 10.3 で使えるようにライブラリをアップデートする

Final Cut Pro X 10.3 用にライブラリをアップデートしたときのオーディオへの影響


Mac AppStoreより入手できます。

続きを読む

FCP X:10.4.1アップデート

 

Final Cut Pro Xのアップデート。
リリース:2018/2/10

互換性: OS X 10.13.2 (High Sierra)  以降

 

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


  アップデート前にこちらを御参考ください:

(10.0〜10.0.9→10.1〜10.2.3)
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法

(10.1〜10.2.3→10.3〜)
Final Cut Pro X 10.3 で使えるようにライブラリをアップデートする

Final Cut Pro X 10.3 用にライブラリをアップデートしたときのオーディオへの影響


Mac AppStoreより入手できます。

続きを読む

プロ向けビデオフォーマット 2.0.6

プロ向けビデオフォーマット2.0.6がリリースされています。
リリース:2017.12.15

Mac App Storeからアップデートできます。

以下引用

バージョン 2.0.6の新機能

Pro Video Formats には、以下のプロ向けビデオコーデックのサポートが含まれています:

  • Apple Intermediate Codec
  • Apple ProRes
  • AVC-Intra 50 / 100 / 200 / 4:4:4 / LT
  • AVC-LongG
  • XAVC
  • XF-AVC
  • DVCPRO HD
  • HDV
  • XDCAM EX / HD / HD422MPEG IMX
  • 非圧縮 4:2:2

Pro Video Formats には、以下の MXF サポートも含まれています:

  • QuickTime Player などのサポートされている macOS アプリケーションで MXF ファイルを再生
  • Compressor 4.3 以前で使用するための MXF プラグインおよびプリセット

FCP X:10.4アップデート

 

 

Final Cut Pro Xのアップデート。
リリース:2017/12/14

互換性: OS X 10.12.4 以降

 

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


  アップデート前にこちらを御参考ください:

(10.0〜10.0.9→10.1〜10.2.3)
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法

(10.1〜10.2.3→10.3〜)
Final Cut Pro X 10.3 で使えるようにライブラリをアップデートする

Final Cut Pro X 10.3 用にライブラリをアップデートしたときのオーディオへの影響


Mac AppStoreより入手できます。

続きを読む

FCP X:10.3.4アップデート

 

 

Final Cut Pro Xのアップデート。
リリース:2017/5/26

互換性: OS X 10.11.4 以降

 

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


  アップデート前にこちらを御参考ください:

(10.0〜10.0.9→10.1〜10.2.3)
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法

(10.1〜10.2.3→10.3〜)
Final Cut Pro X 10.3 で使えるようにライブラリをアップデートする

Final Cut Pro X 10.3 用にライブラリをアップデートしたときのオーディオへの影響


Mac AppStoreより入手できます。
以下引用:

バージョン 10.3.4 の新機能
 
  • トリムするためのキーボードショートカットを副ストーリーラインで使用したときの安定性の問題が解決されます
  • 一部の編集操作により余分なオーディオフェードインが作成されることがある問題が修正されます
  • “共有”ダイアログでコーデックの警告が間違って表示されることがある問題が修正されます

FCP X:10.3.3アップデート

 

 

Final Cut Pro Xのアップデート。
リリース:2017/4/14

互換性: OS X 10.11.4 以降

 

 

アップデートには、万一の際に以前のバージョンに戻せるよう十分バックアップなどの対策を行ってください。


  アップデート前にこちらを御参考ください:

(10.0〜10.0.9→10.1〜10.2.3)
Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法

(10.1〜10.2.3→10.3〜)
Final Cut Pro X 10.3 で使えるようにライブラリをアップデートする

Final Cut Pro X 10.3 用にライブラリをアップデートしたときのオーディオへの影響


Mac AppStoreより入手できます。
以下引用:

バージョン 10.3.3 の新機能
 
  • インスペクタの幅を広げてエフェクトパラメータを表示および調整できます
  • 古いライブラリのアップデートに関する問題が解決されます
  • ディスクに記録しながら読み込まれているクリップの使用時のオーディオ波形の再描画が高速になります
  • タイムラインでロールの表示を変更すると、タイムラインインデックスにひし形のアイコンが表示されます
  • ロールエディタのカラーオプションが増えます
  • “ブラウザに表示”で元のクリップの位置がブラウザに正確に表示されます
  • Canon Log 3とSony S-Log3/S-Gamut3のログ処理がサポートされます
  • フルスクリーンの終了時にビューアが消えることのある問題が解決されます
  • DVDへの共有が応答しなくなる問題が解決されます
  • DVDでのメニューとチャプタのタイトルのフォント品質が向上します
  • DVD作成時の画質が向上します
  • DVDのユーザ・ダイアログ・メッセージで書類へのリンクが改良されます

FCPX10.3新機能、改善内容を追記

通常、アプリのアップデータが出たらMac AppStoreの内容を引用転載していますが、「Final Cut Pro Xリリースノート」にも新機能などの履歴が掲載されています。

そこでリリースノートを見返していると、Final Cut Pro X 10.3については「AppStore(Final Cut Pro X)」と「Final Cut Pro Xリリースノート」で記載内容が異なっていることを発見。

「リリースノート」の方には、分量で示せば倍くらいの項目が多く表記されていましたので、FCP X:10.3アップデートにも差分を追加しました。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31