将来のmacOSでレガシーメディアが非サポートに

Appleが、macOS Mojave (10.4)以降にリリースされるmacOSにおいて、レガシーメディアとされるコーデック/フォーマットのムービーがサポートされなくなるとの警告を発表しました。

About legacy media in Final Cut Pro X

 

将来もサポートされるメディアは

Final Cut Pro X: Final Cut Pro:サポートされるメディアフォーマット

に記載されているもので、ここにないメディアフォーマットのムービーは原則としてmacOSで扱うことができなくなる模様です。

 

レガシーメディアの具体例として記載されているものは、

  • HDCAM-SR
  • GoPro CineForm
  • ソフトウェアで作成されたAvid DNxHD/DNxHR
  • その他、古いカメラで記録されたもの

これらが含まれるFCPXのライブラリを運用している場合、アップルの文書ではライブラリやイベント、プロジェクトの「メディアを統合」でバックアップを取った上で、最終的には作品を完成させてProRes 422でマスタームービーとして書き出すことを推奨しています。

 

【私見】

※言及されていませんが、要するにマスター以外にも白(テロップ無しバージョン)など必要に応じた形でProResの素材を書き出して残しておくことが必要でしょう。

 

※また、推測として、レガシーメディアを含むライブラリのバックアップの際には該当する素材を「最適化されたメディアを作成」でProResにトランスコードしておくと、レガシーメディア非対応のmacOSでもFCPX内ではそちらを参照してくれれば応急的にはタイムラインで編集が続行できるのではないかと期待が持てるかと思います。【実際の動作は検証するまで不明です】

 

※現在も特定の他社製コーデックは後からインストールする形でもあり、特にDNxHDなどのAvidコーデックはMedia Composerなど関連ツールのMac版が現役でもあるので、将来的に新macOSのアーキテクチャー対応版が出てもおかしくはない気はしています。

 

なお、Final Cut Pro X 10.4.4では、プロジェクトに対象となるレガシーメディアが含まれる場合警告が表示されるようです。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31